合宿免許とは

合宿免許とは、通常、自動車や、自動二輪、大型自動二輪の免許を取得する時には、予約を取って、自動車学校に通学する事で、免許を取得するのですが、通学で取得する以外にも、合宿で免許を取得する方法があります。
このページでは、運転免許証を合宿で免許を取得する方法や、そのメリット、デメリットに関して紹介しています。

まず、合宿免許はどんな物なのかという事ですが、一般的な合宿免許の場合には、一定の期間、自動車学校を提携している、寮や、ビジネスホテル、旅館といった宿泊施設に滞在しながら、泊まりこみで、運転免許を取得するために集中して教習を受けることです。
宿泊施設から自動車学校までの区間は、バスなどで送迎してくれますので、集中して、運転技術や、学科の勉強に集中する事ができますので、集中力の少ない方におすすめの免許の取得方法と言えます。
基本的に、合宿免許を企画している自動車学校は、少子化に悩まされている、地方の自動車学校に多くなっています。
少子化の影響は、自動車学校にも影響していて、自動車学校の通学圏内囲だけでは、教習生の数が少ない為、集客効果の大きい、合宿免許を企画されています。

また、合宿免許の場合には、自動車学校側で、しっかり決めた教習スケジュール通りに、生徒が動いてもらうので、管理コストが下げられるのも、自動車学校運営側にとってもメリットが大きくなっています。
今年、大学や、高校を卒業する方で、通学で免許を取得するか、合宿に申し込んで、取得するか悩まれている方の参考になるような情報を紹介しています。
難しい内容があるかも知れませんが、なるべく簡単に、端的に情報を紹介しますので、是非、参考になさってください。